非破壊調査システム(オーリス) | 大分 建設コンサルタント業務・調査システム・補償業務・測量業務 【株式会社テクノコンサルタント】

非破壊調査システム(オーリス)

非破壊調査システム

この技術はコンクリート構造物や基礎杭などに発生したひび割れ、(0.3mm以上)損傷の有無や先端位置の確認(コンクリート構造物70.0M鋼構造物160.0M)の実績や矢板の深度、損傷、岩盤転石の亀裂や根入れの調査を行うために開発された先端技術証明を受けた非破壊調査システムです。

最近ではPCオシロスコープの採用によりグランドアンカーの健全性やコンクリートを伝播する弾性波速度を計測することによって健全性を評価する手法の1つとして適用を広げています。構造物の維持管理のための点検、診断技術として調査実績が増えています。

調査の原理と特徴

  • コンパクトなシステムで持ち運びが簡単な携帯型機器です。
  • ノートパソコンにより測定波形を記録、受信センサ(直径1cm、高さ4cm)
  • フーチングなど既存の構造物が介在する場合でも調査可能です。
  • 調査深度1.0Mから調査可能です。コンクリート構造物では70.0M鋼管、矢板では160.0Mの実績があり、深度、損傷、先端位置の調査可能です。
  • 形状寸法、支障物調査
  • 地中部分あるいは水中部分の見えない構造物の形状、寸法も調査します。
  • 例えばシールド工事等で支障となる残置鋼矢板や、基体杭などの位置や長さを調査します。健全度、損傷調査
  • 構造物の定期的な保守点検で健全度を調査します。
  • 地震などで被害を受けた構造物・特定内部の亀裂などを調査します。リニュアル支援
  • 土木あるいは建築の既存構造物の寸法形状調査と損傷度調査をします。
  • 口面の紛失などで寸法や基礎位置や不明な地下部分等 探査、調査が可能です。 転石、岩盤調査
  • 転石、浮石の地中部分の寸法形状、割れ目を調査します。
  • 岩盤斜面など岩盤内部亀裂深さ等の状況を調査します。
  • コンクリート構造物、場所打ち杭、PHC杭、RC杭、PC杭、ケーソン、ダム堤体等の損傷が先端部確認調査します。
  • 鋼構造物、護岸鋼矢板、H型鋼、鋼管杭等の損傷、深度、先端部確認調査します。
  • グランドアンカーPC鋼棒、PC銅線の損傷・深度等調査します。

構造物・建築物の損傷度を正確に調査

調査概念図
明確な波形による探知

転石の形状・寸法調査例

複数の測定で得られた反射波形図例。反射波の走行時間と弾性波速度から転石根入れ寸法を求める。
反射波位置のプロットにより転石根入れ形状の画像処理も可能。

岩内部の亀裂調査例

高周波数成分のフィルター機能を用いることにより亀裂位置(反射波1)及び端部位置(反射波2)の反射波を明確に検知。さらに亀裂幅も推定する。

フーチングを有するコンクリート杭を用いた杭長及び亀裂試験調査例

実績

調査対象物

・建築物(新築・既存)の基礎杭

・コンクリート構造物
(既製杭、場所打ち杭、地中連続壁、ケーソン、ダム堤体他)

・鋼構造物(鋼矢板、H型鋼、鋼管他)

・木杭(基礎杭)

・自然石(転石、浮石他)

・岩盤内部(岩盤亀裂、地下空洞構造物)

損傷度及び杭長調査

・新築建物の杭頭や基礎天端から杭の損傷度及び杭長調査をします。

・被災した既存建物の基礎杭の損傷度及び杭長調査をします。

・地震や土石流で受けた構造物の内部亀裂等の損傷度を調査します。

・経年劣化による構造物の損傷度を調査します。

・ケーソン等の地下埋設物の損傷度を調査します。

形状寸法調査

・地中に隠れた転石や浮石の寸法及びひび割れを診断します。

・地中や水中部分の見えない構造物の形状寸法を調査します。

・岩盤内部の亀裂箇所や亀裂幅等を調査します。

・シールド工法等で支障となる残地の鋼矢板や基礎杭・グランドアンカー等の位置及び長さを調査します。

・グランドアンカー等の損傷及び長さを調査します。

・図面の紛失等で不明な基礎杭の位置を調査します。

支障物調査
このページの先頭へ